So-net無料ブログ作成

How to make a lute [YouTube等]

リュートの制作過程を紹介した動画を見付けました。

「5分で紹介するリュートの作り方」と題されたこの動画は、イギリスのリュート製作家Martin Shepherdさんが、ご自身の演奏と製作過程の写真で作られたものです。

残念ながらすべての過程という訳にはいかないのですが、ボウルを作るための木型、リブの貼り付け、ロゼッタの彫刻、バス・バーの貼り付け、ペグ・ボックスの製作の様子を見ることができます。

意外とバスバーが複雑です。

モデルはWendelio Venereの7コース・ルネサンス・リュートで、演奏されている曲は、Francis Cuttingの"Pavan"です。



繊細で美しいロゼッタです。因みに、ロゼッタは裏に型紙を貼って、裏から彫っていくそうです。残った型紙は剥がさずに補強のために残しておきます。

演奏の腕も見事ですね。美しい音です。

同様の別の製作家の動画も見付けました。

Patrick Carusoさんによるリュートの製作過程の紹介です。リュートの演奏はアメリカのJerry Willardさんで、William Byrdの"The Carman's Whistle"とJohn Dowlandの"Mr Hasselwood's Galliard"です。



両方を見るとだいたいの製作過程が分かりますね。

今日の練習:リュートでJoanne MatelartのFantasia prima、19世紀ギターでDown By The Sally Gardens。

(追記2010.10.28.)
リュートの製作は19世紀初頭の楽器の衰退とともに20世紀初頭に復興されるまで途絶えていました。現代では残された楽器等の資料をもとに製作されています。
リュートについてはWikipediaをご覧下さい。最近改訂されたようで、記述が詳細になっています。

nice!(54)  コメント(15) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。